子どもの心に、愛と希望・知恵と勇気を!!

親子映画埼玉県連絡会

 〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町3−2−1−207

 TEL:048-822-7428 FAX:048-824-3263

 E-mail:saitama_oyakoeiga@yahoo.co.jp

 URL:http://saitama-oyakoeiga.saloon.jp/

 

 

 

 

親子映画とは

 

1.親と子のよい映画をみる会の発足

 〇1966年(昭和41年)8月、旧大宮市において第1回「親と子の名画劇場」として「せむしの仔馬」が上映され、全国的な親子映画運動のきっかけとなる。11月には、

  春日部、川口で教職員組合が中心となり親子映画第1作の「竜の子太郎」を上映。運動は、東京豊島区にも拡がり、全国各地へ運動が拡がる道が切り開かれる。

 〇1970年2月、親子映画運動の組織的な前進をめざす15氏の呼びかけで「親子映画埼玉県連絡会」を結成。全県的に統一し連帯して運動をすすめる方針を確立する。

 〇1975年9月、親子映画活動家をはじめ県内各界より53名の理事によって「埼玉映画文化協会」設立。県下に豊富な作品を継続的に提供することを任務とした事業活動

  開始。

 〇発足以来、各地域の学校と教職員の方々の協力を得て、運動は51年間継続しています。

 

2.上映の趣旨

 子どもの心に愛と希望、知恵と勇気を!

 映像作品(親子映画を観賞すること)を通して「子どもの心に豊かな感動を育むこと」「親と子で感動の共有」を心に刻み、「心の共有」を推進したい。

 

3.上映地域

 親子映画運動51年間で上映活動が行われた地域は、47地域。2016年度は、12地域で上映。観賞者数は、51年間でのべ427万人。

 

4.後援・助成金

 埼玉県、各市町村教育委員会の後援。各地域により各市町村、PTA、文化団体連合会、社会福祉協議会、幼稚園PTA連合会などの後援。

 独立行政法人日本芸術文化振興基金より助成金を受ける。(2011年〜2014年)※年度毎に応募

 

5.情報提供

 市広報、公民館だより、各新聞社(読売、朝日、毎日、産経、埼玉、東京等)、地域ミニコミ紙などに掲載。

 

6.上映会に参加した親の感想

 ☆上映会毎に素晴らしい映画を観賞でき、親と子で感動しています。うちの子は、親子映画に参加してから映画の場面に感動して、その映画の原作本を夢中に読むよう

  になりました。「映像から活字」という読書の方法もあることを知りました。これからも素晴らしい原作本の映画化を望みます。

 ☆親子映画をとおして「人間でも動物でも、みな助け合って生きていること」を学びました。そしてわが子には、「映像を通し、すなおな感動する心」を育てたい。

 ☆今の子どもは、毎日が忙しく、ゆっくり読書をする時間もない。親子映画に親と子で参加して、よい映画をみることで感動する気持ちを子どもに与え、豊かな心を育

  てたい。

 

今年度の上映日程

 

と き

と こ ろ

作 品

時 間

 6月 2日(日)

上尾市文化センター

若おかみは小学生

 

 6月30日(日)

深谷市民文化会館

かいけつゾロリ だ・だ・だ・だいぼうけん

@10:30 A13:30

 6月30日(日)

戸田市文化会館

若おかみは小学生

 

 7月 6日(土)

越谷市中央市民会館

 

 

 7月13日(土)

さいたま市民会館うらわ

若おかみは小学生